障害者求人情報ネットワーク


障害者の雇用状況は
いろんな大手企業の協力によりかなり改善はされてはきましたが・・・
まだまだ就職のできない障害者の方々はたくさんいます。
働きたいけど・・・
どこに相談にいけばよいかお困りの障害のある方
障害者の雇用を考えているけど・・・
どこに相談にいけばよいかお困りの事業主の方
障害者の就労支援にかかわりたいけど・・・
どこに相談にいけばよいかお困りの方
そんな方々参考にして頂き良い雇用機会があればと思います。


このサイトはリンクフリーです。
下からかんたんブックマークが出来ます。
RDF Site Summary
RSS 2.0

2007年11月14日

障害者自立支援法案成立まで

法案成立までの経緯

* 第162回通常国会 - 2005年2月10日、衆議院に提出、審議が始まる。院審議の過程で与党が修正提案を行い、修正後の7月13日に衆議院本会議で可決された。この時、与党は賛成したが野党は反対した(附帯決議は全会一致で可決)。そのまま参議院に送られ、審議が開始されたが、8月8日に衆議院が解散したため、参議院での審議未了のまま廃案となった。

第162回通常国会における法案に対する衆議院修正には、次のようなものがある。
* 目的規定の修正 - この法律による障害福祉サービスに係る給付その他の支援は、障害者基本法の基本的理念にのっとり行われることが法律の目的規定に明記された。
* 自立支援医療の施行期日の変更 - 自立支援医療に関する規定の施行期日が、2005年10月1日から2006年1月1日に変更された。
* 検討 - この法律の施行後3年を目途として行われるこの法律の規定についての検討に、障害者等の範囲の検討を含むことを明記し、さらに就労の支援を含めた障害者等の所得の確保に係る施策の在り方についての検討規定を追加することが検討された。
* 第163回特別国会 - 2005年10月4日、参議院に提出、審議が始まる。10月14日に参議院本会議で、10月31日に衆議院本会議で可決され、法案が成立した。
第162回通常国会に提出された法案からの変更点は、次のようなものである。
* 目的規定の修正 - 「障害者基本法の基本的理念にのっとり」という分が追加された。
* 検討規定の修正、追加 - 「障害者等の範囲」について検討することが明記され、「障害者等の所得の確保」に係る検討規定が新たに追加された。
* 施行期日の変更 - 利用者負担に係る改正事項について、施行日が2006年1月1日から4月1日に変更された。



「フリー百科事典ウィキペディア」出典
詳しくはリンクページからご覧下さい。
posted by 障害者求人情報 at 15:06|  障害者自立支援法案成立まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。